社会貢献

障がい者雇用の取組み

特例子会社設立主旨

働く意思と能力を有する障がい者(知的・精神・身体)に対して、生き甲斐のある、働き甲斐のある職場生活のフィールド・チャンスを与えることは、企業としての社会的使命(CSR:Corporate Social Responsibility)であるという概念から、この使命はわが社が掲げる「サンキョーグループのMISSION」にまさしくマッチするものであると判断し、ヒューマン・アセッツ株式会社を親会社(出資100%)としたSAPハピネス株式会社を2011年11月9日設立しました。そして2012年3月26日障がい者雇用に係る「特例子会社」として厚生労働大臣より認定を頂きました。当社のこの取組はノーマライゼーションの理念に基づく企業として、社会的に評価されたということになります。

特例子会社制度とは

子会社での障がい者の雇用カウントを親会社の雇用カウントに含めることが出来る制度です。
企業は法律により、法人単位で一定の割合の障がい者を雇用する義務があります。
『障害者の雇用の促進等に関する法律』における一定要件(障がい者の雇用のために環境を整備するなどの特別な配慮)を満たし、厚生労働大臣の許可(親会社を管轄するハローワークに書類を提出)を受けた場合は、子会社を親会社の1事業所とみなし、子会社の障がい者の雇用カウントを親会社の障がい者の雇用カウントに含めることが出来る制度です。法人単位ではなく、親会社・子会社をひとくくりとしてカウントすることが「特例」扱いとなります。

当社が目指すところ

私たちは、「自分の夢だけを叶えるfor me」でなく「周囲に喜びや笑顔を与えるfor you」の精神で取り組んでいます。

一般就労の機会が少ない方の経済的自立を支援します。
一般企業では就労しにくい障がいを有する人たちに対して、就業の場を提供することが、本人の経済的自立を促すことにつながると考えています。
仕事を通じて、社会の一員であることを実感して頂きます。
清掃作業や駐車場の巡回、POPの補助作業などを通じ、自分が社会の一員であり、かけがえのない存在であることを実感して頂きます。
地域社会との共存が願いです。
雇用の確保を通じて地域社会に貢献し、更に地域社会のコミュニティとしての役割を、微力ながら担いたいと考えています。

沿革

2011年07月 障がい者の方々の本格的な雇用開始
2011年10月 障害者職業生活相談員の資格を5名が取得
(現在、親会社を含め25名が取得済み)
2011年11月 SAPハピネス㈱設立
2012年03月 SAPハピネス㈱、「特例子会社」の認定取得(3月26日付け)
2012年07月 親会社が「埼玉県障害者雇用優良事業所」認定(7月10日付け)
以後、継続認定される
2014年03月 障がい者新卒採用開始
2014年05月 川口保健所より「クリーニング所確認済所」交付される
2014年09月 独立行政法人高齢者・障害・求職者雇用支援機構より「努力賞」授与
2015年03月 川口市内障害者施設運営団体連絡会より、グリーンサポート運動に協力していることから「感謝状」を頂く
2015年04月 厚生労働省より「精神障害者等雇用優良企業」と認定される
2015年11月 埼玉県上田知事、奥ノ木川口市長、川口市議会議長、川口市選出県議会議員数名が「とことん訪問」にて視察される
2017年03月 就労継続支援B型事業所と業務委託契約締結(ペットボトル分別作業)

事業

2011年07月 設備機器の解体分別業務。施設内清掃業務。駐車場巡回、駐輪場整理業務
2012年03月 POP制作物補助業務
2012年07月 空気清浄機のセル、フィルター洗浄業務、製品管理業務
2014年05月 クリーニング事業、リサイクル事業(PETボトル、空き缶)

新卒採用

2014年04月 埼玉県立特別支援学校さいたま桜高等学園 男子1名
2016年04月 埼玉県立浦和特別支援学校
埼玉県立特別支援学校さいたま桜高等学園
男子1名
女子1名
2017年04月 埼玉県立浦和特別支援学校
埼玉県立草加かがやき特別支援学校
男子1名
男子1名

教育実習生の受入れ

埼玉県立川口特別支援学校
埼玉県立特別支援学校さいたま桜高等学園
埼玉大学教育学部附属特別支援学校
埼玉県立浦和特別支援学校
埼玉県立草加かがやき特別支援学校
埼玉県立三郷特別支援学校草加分校
東京都立王子特別支援学校
東京都立足立特別支援学校
光の村養護学校秩父自然学園
就労支援すいーつばたけ
就労移行支援事業所ハートフル川口
埼玉県済生会ワークステーションみのり
障害者就労・生活支援センターみらい、つばさの森
吉川就労支援センターフレンドリーパーク

グループ全体の障害者雇用率(2017年6月1日現在)

6.38%

TOPへ